酵素飲料の効果を十分に得られない例

酵素飲料の効果を計る時に指示通りにきちんと飲んでいても効果が感じられないという人がいますが、ハッキリとした原因はわかりませんが、おそらく効果が出ない何らかの要因があります。

酵素飲料の効果を十二分に出す条件が整っているかが問題で、身体機能を最大限に活性化し効果を発揮するためのものですので、体の基盤が悪ければ効果がないのも当たり前です。

普段から体に悪いものばかり食べていては、たとえ酵素飲料を飲んでいても効果が出ないということになります。

特に加工食品の食べ過ぎに問題があります。

スナック菓子やファストフード、レトルト食品、工場から作られてくるお弁当やお惣菜、着色炭酸飲料など、これらは栄養面や素材そのものに配慮はされておらず、おいしいという食感で売り上げ重視に開発されているため、毎日の積み重ねで現代病を引き起こす原因となっており、当然食品添加物が酵素飲料の効果を得る妨げをしていることにもなります。

次に大きな要因は過食や過剰摂取です。

食物を食べる事は新陳代謝を促すことになりますが、食べ過ぎると代謝エネルギーが追い付かず逆効果になりますし、そこに酵素飲料を飲んでも当然効果は出ない事は明確です。

最後に、何でもかんでも体に良いからと言ってそれだけに頼ることをせずに、適度な運動や十分な睡眠、日常のストレスなど総合的に改善して、酵素飲料の効果を引き出すことに取り組みましょう。

血液の流れが悪くなると酵素が到達できないため脂肪燃焼が出来なくなりますので気を付けましょう。

ページのトップへ戻る